ガジェット

 Razer Viper Mini【レビュー】手が小さくても大丈夫?  

どうも~孫悟空ですぅ~

みんな~Razer製品は好きか~?うぉ~ぉ

はい、ということで今回はゲーミングマウスのViperMini(ヴァイパーミニ)のレビューをしたいと思います。

Razer製品ってロゴもかっこいいし性能もいいし、とりあえず最高ですよね。

が、しかし我々は日本人です。

海外で作られていることによりサイズが大きいものが多いんです、、、

手が一般の20代男性と比べかなり小さい僕は持ちにくいと感じることが多々ありました。(手の小さい女性と同じくらいのサイズです、、、)

ですが、今回ご紹介するViperMiniはその名の通りミニサイズなので手の小さい人でもかなり使いやすいと思います。

今まで6種類ほど使用したゲーミングマウスの中で一番しっくりきたマウスです。(Gproがメインでした)

Razer Viper Miniはこんな人におすすめ

・手が少し小さい男性

・小さいマウスが欲しい女性

・掴みもちでプレイしたい人

・軽いマウスが欲しい人

・Razer信者

Razer Viper Miniの詳細

製品特徴

・61gで超軽量級(ケーブル除く)

・左右対称なデザイン

・Razer Speedflexケーブル

・8500DPIの高精度なオプティカルセンサー

・Razer Chroma RGB搭載(1,680万色)のライティング

・最大300インチ/秒(IPS)/35Gの加速度

・簡易感度調節機能400/800/1600/3200/6400

・6個の個別プログラムが可能

・Razer Synapse3対応

・ケーブル長さ:1.8m

・サイズ:118.3mm(長さ)ⅹ53.5mm(持ち幅)x38.3mm(高さ)

実際使用してみての感想【レビュー】

Viper Miniを使ってAPEX・R6Sをやっていますが正直かなりやりやすいです。

元々Gproのワイヤレスを使用していたので今後有線のマウスは使うことないかなと思っていましたが、Speedflexケーブルのおかげで有線が気にならずマウスバンジーなしでも快適に遊べました。

しかも軽量のGproよりも握った感じひと回りほど小さく感じます。

店頭に並んでいたViper Ultimateも持ち比べてみましたが重さと大きさが気になったので手が小さめの方はViper Miniの方が扱いやすいんじゃないかなと思います。

感度調節もスクロールのすぐ下についているのでいつでも変えることが出来ます。

正直めちゃくちゃ敏感な人でなければ加速度などは気にしないと思うので、小さくて軽くてかっこいいマウスが欲しいならViper Mini一択だと思います。

定価5,280円とこのクオリティではかなり安いと思います。

まとめ

Viper Miniは手が小さい人でも大丈夫!むしろおすすめのマウスです。

オススメ理由はこんな感じ

・手が小さくても操作しやすい

・超軽量で腕が疲れにくい

・Speedflexケーブル効果で有線でも気にならない

・ロゴの色や感度調節などカスタマイズで自分好みにできる

・クオリティが高いのに定価5,280円は安い